いわっぷる日記

いわっぷる日記
12
2019/04/19new

桜の季節だっぷる

| by hiro1yo
桜の開花宣言が各地でちらほらと出ていますが、

岩木山にはまだ雪があります。



りんごの木には農薬が散布されています。
秋の収穫が今から楽しみです。
08:19
12

カウンタ

COUNTER3178

特色

 本校は、岩木山麓の弥生地区に位置し、四季折々の豊かな景観に恵まれた閑静な教育環境にあります。知的発達に遅れのある子どもに対する教育を目的として、昭和40年に開校し、56年には高等部が設置されました。 現在は、小学部・中学部・高等部からなる一貫した教育がなされ、具体的な生活経験をとおして、社会に参加していくための知識及び態度を養うことに学習の重点を置いています。
 

教育目標

(1) 一 般 目 標
子どもたちの発達に応じた知識・技能及び社会参加できる力を培い、可能な限り自立した生活ができ、生きることに喜びを見い出せる人間に育てる。

(2) 具 体 目 標
「健康で明るく、たくましい子どもの育成」
ア 生活習慣の形成を図り、健康な日常生活ができる(健康)
イ 意欲的に学習に参加し、精一杯表現できる(意欲)
ウ 相手を思いやり、楽しい集団生活ができる(協調)
エ 勤労を喜び、たくましく生きることができる(自立)
 

児童生徒の状況

在籍児童生徒数


重複・普通学級別児童生徒数


障害者手帳所持一覧
 

進路状況

過去5年間の進学・就職等の状況(卒業時)

 

沿革【昭和】

昭和40.4.1.青森県立青森養護学校弘前分校開設事務室を青森県立弘前工業高等学校内に設置。
昭和40.5.1.青森県立青森養護学校弘前分校を弘前市立致遠小学校内に設置開校。(小学部1学級)
昭和40.7.1.青森県弘前児童相談所内に移転。(中学部1学級併置)
昭和40.8.1.弘前市弥生学園設立開園により現地に移転。(小学部4学級、中学部1学級、計5学級)
昭和41.4.1.青森県立第二養護学校創設により、同校弥生分校となる。(小学部3学級、中学部2学級、計5学級)
昭和41.9.15.校舎竣工(1,018.32㎡)同日弥生学園仮校舎より移転。
昭和41.11.1.校舎落成記念式典挙行。
昭和42.2.15.常陸宮ご夫妻来校ご視察。
昭和43.4.1.小学部3学級、中学部3学級、計6学級編制となる。
昭和46.4.1.青森県立第二養護学校分校より昇格して青森県立第三養護学校となり、森田、もみじの各校が所属し分校となる。




初代校長 小 林 茂 太 就任
昭和48.4.1.校名変更して青森県立弘前養護学校となる。




県立さわらび園に小学部1学級、中学部1学級設置され、小学部4学級、中学部4学級、計8学級編制となる。(中心校6学級、さわらび分教室2学級)
昭和49.4.1.さわらび分教室に小学部1学級増設され、小学部5学級、中学部4学級、計9学級編制となる。(中心校6学級、さわらび分教室3学級)




二代校長 江利山 幸 栄 就任
昭和50.3.18.校章、校歌制定。
昭和50.4.1.中心校小学部3学級、中学部4学級編制となる。




さわらび分教室小学部3学級、中学部1学級編制となる。




弘前大清水学園に大清水分教室が設置され、小学部1学級、中学部1学級編制となる。




森田、黒石もみじの二分校が昇格し、管轄外となる。
昭和50.5.1.在宅心身障害児訪問指導実施校となる。
昭和50.6.7.創立十周年記念式典挙行。校旗樹立。
昭和51.4.1.大清水分教室小学部2学級、中学部1学級編制となる。
昭和52.4.1.弥生学園重度棟に派遣学級設置(1学級)され、小学部4学級、中学部4学級編制となる。




大清水分教室小学部3学級、中学部1学級編制となる。
昭和53.4.1.中心校小学部3学級、中学部3学級、計6学級編制となる。




弥生学園重度棟派遣学級が小学部1学級、中学部1学級、2学級編制となる。




さわらび分教室、大清水分教室とも、小学部4学級、中学部1学級、計5学級編制となる。




三代校長 田 中 昌 三 就任
昭和53.5.31.校地5,717㎡買収。(校舎増築用地として)
昭和53.12.1.四代校長 菊 池 珍 彦 就任
昭和54.4.1.中心校小学部5学級、中学部3学級、計8学級編制となる。




弥生学園重度棟派遺学級が小学部3学級、中学部1学級、計4学級編制となる。




さわらび分教室小学部4学級、中学部1学級、計5学級編制となる。




大清水分教室小学部3学級、中学部1学級、計4学級編制となる。




訪問教育学級中心校2学級、さわらび分教室3学級、計5学級編制となる。




スクールバス運行と学校給食実施。
昭和55.3.29.増築校舎(2,538㎡)、給食棟(241㎡)竣工。
昭和55.4.1.中心校小学部1O学級、中学部5学級編制となる。




さわらび分教室小学部5学級、中学部2学級編制となる。




大清水分教室小学部1学級、中学部1学級編制となる。




訪問教育学級中心校2学級、さわらび分教室3学級編制となる。
昭和55.11.25.車庫(180㎡)竣工。
昭和55.12.4.増改築記念式典挙行。
昭和56.4.1.高等部普通科設置定員10名。




小学部10学級、中学部6学級、高等部1学級、訪問教育学級1学級編制となる。(計18学級)




大清水分教室は閉級し、本校に移行。さわらび分教室は分校に昇格。
昭和57.4.1.校名変更して青森県立弘前第一養護学校となる。




小学部10学級、中学部6学級、高等部2学級、訪問教育学級1学級編制となる。(計19学級)




さわらび分校昇格し青森県立弘前第二養護学校となる。
昭和58.4.1.小学部8学級、中学部7学級、高等部3学級、訪間教育学級1学級編制となる。(計19学級)
昭和59.4.1.小学部8学級(普通5、重複3)、中学部7学級(普通5、重複2)、高等部3学級、訪間教育学級1学級編制となる。(計19学級)




昭和59年度心身障害児適正就学推進研究校となる。
昭和59.8.24.職員公舎(平屋建)59.49㎡、公舎物置小屋4.95㎡(共済組合より県買収)。
昭和60.3.18.校地541.28㎡ 弘前市と土地交換により取得。




普通財産308.12㎡ 弘前市と土地交換により取得。
昭和60.4.1.小学部9学級(普通5、重複4)、中学部8学級(普通6、重複2)、高等部3学級、訪問教育学級1学級編制となる。(計21学級)
昭和60.9.19.創立二十周年記念式典挙行。
昭和61.4.1.小学部9学級(普通5、重複4)、中学部7学級(普通6、重複1)、高等部3

...学級編制となる。(計19学級)
昭和62.4.1.小学部10学級(普通7、重複3)、中学部7学級(普通6、重複1)、高等部3




学級編制となる。(計20学級)




五代校長 高 橋   裕 就任
昭和63.4.1.小学部11学級(普通8、重複3)、中学部8学級(普通6、重複2)、高等部3




学級編制となる。(計22学級)




六代校長 長谷川 幸 雄 就任




県教育委員会より昭和63年度・64年度の地域交流学習推進校の指定を受ける。
 

沿革【平成】

平成元.4.1.小学部12学級(普通9、重複3)、中学部6学級(普通5、重複1)、高等部3




学級編制となる。(計21学級)




県教育委員会より平成元年度特殊教育体験入学実施校の指定を受ける。
平成2.3.7.増築校舎(1,139㎡)竣工。
平成2.4.1.小学部13学級(普通9、重複4)、中学部8学級(普通6、重複2)、高等部3




学級編制となる。(計24学級)
平成2.11.16.体育館(709.7㎡)竣工。
平成3.3.16.倉庫(49.6㎡)竣工。
平成3.4.1.小学部14学級(普通8、重複6)、中学部7学級(普通6、重複1)、高等部4




学級編制となる。(計25学級)
平成4.4.1.小学部14学級(普通8、重複6)、中学部9学級(普通7、重複2)、高等部4




学級編制となる。(計27学級)
平成4.4.14.実習用農地(1,604㎡)取得。
平成5.4.1.小学部12学級(普通7、重複5)、中学部8学級(普通6、重複2)、高等部5




学級編制となる。(計25学級)




七代校長 田 中 日出男 就任
平成5.7.2.職員公舎(平屋建)59.49㎡、公舎物置小屋4.95㎡、普通財産(土地)308.12㎡弘




前市へ売却。
平成6.4.1.小学部11学級(普通6、重複5)、中学部9学級(普通7、重複2)、高等部4




学級編制となる。(計24学級)
平成6.5.1.小学部12学級(普通6、重複6)、中学部9学級(普通7、重複2)、高等部4




学級編制となる。(計25学級)
平成7.3.22.農具庫(33㎡)竣工。
平成7.4.1.小学部12学級(普通7、重複5)、中学部9学級(普通6、重複3)、高等部4




学級編制となる。(計25学級)
平成7.9.14.創立30周年記念式典、祝賀会挙行。
平成8.4.1.小学部13学級(普通7、重複6)、中学部8学級(普通5、重複3)、高等部3




学級編制となる。(計24学級)




八代校長 奈 良   稔 就任
平成8.11.29.大規模改修工事完了。(普通特別教室棟)
平成9.3.3.多目的運動場用地(10,727.6㎡)取得。
平成9.4.1.小学部12学級(普通7、重複5)、中学部7学級(普通3、重複4)、高等部3




学級編制となる。(計22学級)




九代校長 平 川 英 廣 就任
平成10.4.1.小学部14学級(普通7、重複7)、中学部6学級(普通3、重複3)、高等部4




学級(普通3、重複1)編制となる。(計24学級)
平成10.8.26.厨房ドライシステム化事業工事完了。
平成10.12.25.大規模改修工事完了。(暖房設備)
平成11.1.22.多目的運動場(10,727.6㎡)竣工。
平成11.4.1.小学部15学級(普通7、重複8)、中学部7学級(普通3、重複4)、高等部5




学級(普通3、重複2)編制となる。(計27学級)
平成12.3.31.大規模改修工事完了。(管理棟、普通教室棟)
平成12.3.31.バリアフリー工事完了。(職員玄関と食堂の自動ドア、体育館昇降口スロープ)
平成12.4.1.小学部14学級(普通6、重複8)、中学部9学級(普通5、重複4)、高等部6




学級(普通3、重複3)編制となる。(計29学級)
平成13.4.1.小学部14学級(普通6、重複8)、中学部9学級(普通5、重複4)、高等部5




学級(普通3、重複2)編制となる。(計28学級)




十代校長 須 郷   徹 就任
平成14.4.1.小学部15学級(普通7、重複8)、中学部11学級(普通6、重複5)、高等部5




学級(普通3、重複2)編制となる。(計31学級)
平成15.4.1.小学部14学級(普通7、重複7)、中学部9学級(普通5、重複4)、高等部6




学級(普通3、重複3)編制となる。(計29学級)
平成16.4.1.小学部13学級(普通7、重複6)、中学部10学級(普通4、重複6)、高等部6




学級(普通3、重複3)編制となる。(計29学級)




十一代校長 八木橋 鉄 弘 就任
平成16.10.23.創立40周年記念事業中庭整備完了。
平成17.4.1.小学部15学級(普通7、重複8)、中学部7学級(普通3、重複4)、高等部6




学級(普通3、重複3)編制となる。(計28学級)




高等部制服制定。
平成17.5.28.創立40周年記念植樹。
平成17.9.22.創立40周年記念式典、祝賀会挙行。
平成17.11.22.文部科学省委嘱事業「就学啓発推進会議」開催。
平成18.4.1.小学部15学級(普通8、重複7)、中学部9学級(普通5、重複4)、高等部6




学級(普通3、重複3)編制となる。(計30学級)
平成18.11.13.文化庁主催「本物の舞台芸術体験事業」東京混声合唱団公演。
平成19.4.1.小学部16学級(普通8、重複8)、中学部8学級(普通6、重複2)、高等部6




学級(普通3、重複3)編制となる。(計30学級)




十二代校長 佐  藤 眞  一 就任
平成20.4.1.小学部16学級(普通8、重複8)、中学部9学級(普通7、重複2)、高等部6




学級(普通3、重複3)編制となる。(計31学級)
平成21.4.1.小学部16学級(普通6、重複10)、中学部9学級(普通7、重複2)、高等部5学級(普通3、重複2)編制となる。(計30学級)
平成21.10.21.平成21年度青森県学校給食表彰
平成22.4.1.小学部18学級(普通7、重複11)、中学部10学級(普通7、重複3)、高等部6




学級(普通4、重複2)編制となる。(計34学級)




十三代校長 棟 方 紀久雄 就任
平成23.4.1.小学部18学級(普通8、重複10)、中学部11学級(普通7、重複4)、高等部6




学級(普通5、重複1)編制となる。(計35学級)
平成24.4.1.小学部19学級(普通8、重複11)、中学部13学級(普通9、重複4)、高等部7




学級(普通6、重複1)編制となる。(計39学級)




十四代校長 川 村 泰 弘 就任
平成24.10.1.給食棟耐震工事完了
平成25.4.1.小学部19学級(普通9、重複10)、中学部12学級(普通8、重複4)、高等部8




学級(普通6、重複2)編制となる。(計39学級)
平成 25. 12.24.
 児童生徒用トイレ増設及び洋式化工事完了
平成26.
 4. 1. 小学部18学級(普通8、重複10)、中学部12学級(普通8、重複4)、高等部9学級(普通7、重複2)編制となる。(計39学級)
     十五代校長 梅 村 博 之 就任
平成26. 10.17. 体育館天井改修工事完了。
平成 27.   2. 18 倉庫(18.07㎡)竣工 。
平成 27.   4.   1小学部16学級(普通6、重複10)、中学部 13学級(普通8、重複5)、高等部10学級(普通7、重複3)編成となる。(計39学級)
高等部に職業コースを設定。
平成 28.   4.  1 小学部16学級(普通5、重複 11)、中学部15学級(普通10、重複5)、高等部9学級(普通6、重複3)編成となる。(計40学級)
平成 28.   4.   1校地(北駐車場・農地)16,596.06㎡ さわらび療育福祉センターより所属替により取得。
平成 28. 11. 13   創立50周年記念式典、祝賀会挙行。 
平成 28. 11. 24 暖房設備改修工事完了。 
平成 29.   3. 29 増築校舎(1,473.61㎡)竣工。 
平成

29.

  4. 

  1

小学部17学級(普通7、重複10)、中学部14学級(普通8、重複6)、高等部8学級(普通5、重複3)編成となる。(計39学級)
    
十六代校長 成 田 安 男 就任
平成 30.  4.  1小学部16学級(普通7、重複9)、中学部14学級(普通7、重複7)、高等部9学級(普通6、重
    複3)編成となる。(計39学級)